スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ナビA川崎戦】収穫は竹内&櫛引! 

0対0。
スコアレスドロー。
同じく低迷するフロンターレを相手に、
勝ち点3を得ることはできませんでした。


【フォメ】
      瀬沼
     八反田
  石毛      JP
    村松  竹内
キジェ キャラ 平岡 吉田
      櫛引


直前のリーグ鳥栖戦で、初の無失点。
そのDFラインは変えずに、ナビスコにも臨みました。
浩太のところに竹内、純平をサイドの一列前で起用。
キーパーは、前回も好プレーを見せた櫛引でした。


この試合、前半は良かった。
特に40分ぐらいまでは圧倒できていました。
しかし、ここで点が入らないと……。
苦しくなりますよね。


前半DFラインは安定していました。
川崎MFの両サイドのスペースが使えたので、
石毛や純平が中に絞って、その空いたスペースをサイドバックが使う攻撃。
サイドからのクロスに精度があれば、点になっていたはずです。


竹内も効いていましたね。
DFラインからボールを受けて、サイドに散らしたり、
楔を縦に入れたり、裏を狙うパスを出したりと。
村松との役割分担が上手くできていました。
この竹内の成長は、嬉しい誤算でしたね。
瀬沼、決めて欲しかった……。


ボールを取りに行くところも、相手のボランチに入ってから。
このあたりの意思統一も、鳥栖戦同様上手くいってましたし、
奪ってから速攻で決定的シーンも作れていました。
しかし、最後の精度、決定力を欠きましたね。


後半は徐々に足が止まり、オープンな展開になりました。
こちらもチャンスがありましたが、川崎にも3度の決定機を作られています。
そこで、櫛引がスーパーセーブを連発。
櫛引はキックも上手く、林を脅かす存在になりつつあります。


川崎の問題点は、やはり守備でしたね。
嵩に掛かった攻撃は迫力がありましたが、
守備に関しては、取りどころがハッキリしないので、
ひとつはがせば、決定機が易々と作れる感じでした。
逆に言うと、そんな川崎から点が奪えなかったわけですから、
清水の拙攻は、まだまだ根の深い問題を抱えているのですね。


【採点】
櫛引:7.0 何度も決定機防ぎ、清水のゴール前に立ちはだかった。
吉田:5.0 良い攻め上がり見せたが、クロスの精度を欠いた。
平岡:6.0 裏を取られるシーンもあったが、空中戦では強さ見せた。
キャラ:5.5 連携にやや不安見せたが、最後まで集中力を切らさなかった。
キジェ:5.5 負傷交代は残念だが、アップダウンを休まず繰り返した。
村松:6.0 相手の攻撃の芽を摘み、終盤も疲れたDFラインを助けた。
竹内:7.5 サイドに散らしたり、楔を入れたり、裏を狙ったりとパスで大奮闘。
八反田:6.0 竹内がボールを持てるので、いつもより前で自分のプレーできた。
純平:5.5 中へ切れ込んで吉田の上がるスペースを作るなど、クレバーなプレー。
石毛:5.0 最後は急遽左サイドバックに移ったが、無難なプレーに終始。
瀬沼:5.0 守備で奮闘したが、決定機外すなど、攻撃面でブレーキ。

高木俊:5.0 間延びした展開での投入で、流れに乗り切れなかった印象。
河井:5.5 短い時間の中でも決定機演出し、攻撃面での存在感。
バレー:5.0 惜しいヘディングあったが、足元でもらえる回数少なく孤立。


【静岡ダービーの希望フォメ】
     バレー
      浩太
  高木      河井
    村松  竹内
キジェ キャラ 平岡 吉田
      木木


監督の解任騒動は依然として続いており、
静岡ダービーで大敗するようなことがあれば、
更迭もありえるという状況。
キジェの肩の具合は気になるが、
おそらくゴトビはDFラインを動かさないだろう。

竹内が結果を出したことにより、浩太を一列前で使うのはどうか。
昔はトップ下の選手だった(サイドで使うのは難しそうだが……)。
川崎戦の前半の距離感で戦えれば勝てるはずだ。

高木は復調してきているし、セットプレーも良くなっている。
石毛のコンディションは気になるが、
総力戦で勝ち点3をもぎ取って欲しい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/04/11 22:39 ] サッカー | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。